つみき

土地の境界や建物登記

女性

専門家に依頼し迅速解決

時代とともに、土地の活用や建物のあり方もどんどん変化していきます。そのうえで、トラブルというものはつきもので、例をあげると、東京でも昔からある土地に新しく建物を建てる、また土地の隣地との境界が不明であるといったことは、土地家屋調査士に測量と登記の依頼することによって素早い解決が実現します。東京は大都市圏の土地から、少し奥まったベッドタウンのような土地など様々存在し、それぞれの土地によくあるトラブルを熟知しているのが土地家屋調査士です。建物を増築した、一部取り壊した、滅失した、などによって、建物が従来の形と変わる場合は土地家屋調査士に測量を依頼し、その旨を登記します。いわゆる建物表題部変更登記や建物滅失登記といったものです。一方、隣地との土地の境界がわからない、1筆の土地を分けて相続したいなどといったときも土地家屋調査士に依頼し、当事者立会いのもとで土地の境界を確認し、境界の測量を行い、境界のしるしとなるプレートなどを埋め込み、当事者と(必要であれば当事者の土地を囲む周りの土地の所有者)でその旨を了承し、押印した書類を準備し、分筆登記などを行います。迅速に解決するだけでなく、周りの地権者と穏便に解決することが重要です。裁判などにもつれ込んだ場合は、それこそ膨大な時間とお金を費やすこととなるおそれがあります。東京の建物や土地であれば、東京の土地家屋調査士に依頼すれば、登記後にさらなるトラブルが発覚した場合でも、早く現場に駆けてもらえるのもメリットです。