つみき

家の手入れ代行サービス

空き部屋

家は手入れが必要

親が高齢で施設に入ったり亡くなったりして実家が空き家になったが、遠方に住んでいるため管理できないという人が増えています。空き家は人が住んでいる家に比べて劣化するのが早く、定期的に管理しないと資産価値が下がってしまうことも多いです。長期間人が出入りせず窓を閉め切った状態にしておくと、湿気が溜まってカビが繁殖しやすくシロアリの原因にもなるので、注意が必要です。また、空き家を管理しないまま放置しておくと、衛生面や防犯面が悪化して近所とトラブルになる可能性が高くなります。庭の雑草が伸び放題だと景観も悪くなりますが、害虫が発生しやすく外から空き家だと分かるので不法侵入者や空き巣に狙われやすいのです。郵便受けに郵便物やチラシがたまって外にあふれ出しているのも、長期間人の出入りがない家だと分かり防犯上良くありません。空き家の管理を所有者が行うのが難しい場合は、専門の会社に依頼する方法があり最近は利用者が増えています。空き家の管理を行っている会社は多く、利用者はサービスの内容や料金から気に入ったものを選べるようになっていて、とても便利です。サービスの内容は室内作業は全室の窓や押入れの換気、蛇口を開放して通水、室内の簡易清掃があります。また、天井や床、壁に雨漏りやカビが発生していないかの確認や室内に不審者が侵入していないか見回りをします。室外作業は庭や建物周辺の簡易清掃、雑草除去や庭木の確認を行いますが、剪定については別料金が必要です。郵便受けの確認は、郵便物は契約者宛に転送してくれることになっていますが、チラシは不要物として処分してもらえます。建物外部の点検も行っていて、劣化状態を調べて緊急に補修する必要があれば連絡してくれるし、別料金がかかりますが修繕の依頼も可能です。作業が終わると報告書が写真付きで送られてきますが、会社によっては作業の様子や空き家の現在の状況を動画で確認できます。